【開発環境】評価ボードの紹介

私が使っている評価ボードについて紹介します。
2台持ってます。
DE0-Nano Development and Education Board
Cyclone V GX Starter Kit


DE0-Nano Development and Education Board
入門にちょうど良いボードだと思います。
小型のボードですがFPGAの規模はそれなりに大きいCyclone IVを搭載しています。
入門用の記事ではこちらをメインに話をしようと思います。

ネット通販だと以下のサイトで買えます。1万円前後。
千石ネット通販
共立エレショップ
Digi-key


Cyclone V GX Starter Kit
ミドルレンジモデルFPGAの中では最大(2014年10月4日現在)のCyclone Vシリーズを搭載したボードです。
仕事での検討用に使っています。

買おうと思えば以下のサイトで買えます。2万5千円ほどします。
Digi-key


両方ともTerasic社が開発しています。
ここのボードはFPGAのコンフィギュレーションに必要なJTAGケーブルの機能がボード上に組み込まれています。(On-Board USB Blaster)
このケーブル単体で1万円以上するので、個人で使う分にはOn-Board USB Blasterが付いているものを選んだほうが安く済むと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です