【QuartusII入門】LED点灯回路の作成2(テストベンチの作成とシミュレーション)

今回は前回作成した回路をシミュレーション上でテストする環境を作っていきます。

まずはテストベンチを作成します。テストベンチというのはテストしたい回路に入力する信号を用意するための回路です。
図にするとこんなイメージ。

quartusii_ele_1_17

テストしたい回路(LED_BLINK)に対して、クロックとリセット信号を入力してやる回路(TB_LED_BLINK)を作成します。
テストベンチは実際にFPGAに書込むわけではないので、入出力はありません。
また、Verilogにはシミュレーションの時にだけ使える文法がありますので、それを利用して波形を作成していきます。
“【QuartusII入門】LED点灯回路の作成2(テストベンチの作成とシミュレーション)” の続きを読む

【QuartusII入門】LED点灯回路の作成1(プロジェクトと点灯回路の作成)

では早速LEDの点灯回路を例にQuartusIIで回路を作ってみましょう。
デスクトップに追加されたQuartusIIのアイコンをクリックして起動します。
quartusii_ele_1_01

「New Project Wizard」をクリック

“【QuartusII入門】LED点灯回路の作成1(プロジェクトと点灯回路の作成)” の続きを読む